流通物件と独自物件の違い

流通物件と独自物件の違い


流通物件と独自物件の違い
物件のオーナーとなる大家さんは、その物件に入居者を入れたいために不動産屋へ依頼をして物件探しをしている人に対して紹介をしていきます。
言うならばどこの不動産屋でも紹介することの出来る物件ということであり、主にターミナル型の不動産屋に流通物件は集中しています。

独自物件の特徴としまして、比較的新しいものであり、また物件状態も綺麗なものが多くなっています。
賃貸物件を探している人は、まず最初に独自物件から不動産屋で見つけてみると良いかもしれません。
よく独自物件と呼ばれる賃貸物件がありますが、これは不動産屋では紹介されていなく、オーナーさんが直接取り扱っている物件となります。
地域密着型の不動産屋などに多くなっており、意外と掘り出し物件が見つまりやすくなっています。 非常に残念なことなのですが、物件探しをしてる人を狙った悪質な不動産業者が最近になって増えてきています。
中には免許も持たないで賃貸物件の紹介業をしている悪徳業者もありますので、注意が必要です。




流通物件と独自物件の違いブログ:2017-09-15

読者様
∩(´∀`∩) コンバンワッショーイ♪(∩´∀`)∩

夕食は塾の前にコンビニに寄って好きなものを買って食べる…
そんな子どもたちが増えていますよね。

夕食は
おかしや菓子パンで済ますことが多い…
そんな極端な傾向も出てきているみたい。

時間がないから、めんどうくさいから、という理由で、
好きなものばかり食べる「ばっかり食べ」。

子どもだけでなく、
大人にもその傾向が増えているようです。

年末年始の忙しい時期、
いつもはちゃんと栄養バランスを考える人も、
ご馳走、あるいはインスタント「ばっかり食べ」で、
ご飯が偏っていませんか?

「好きなものを食べて、あとはサプリメントでもいいんじゃないの?」
そんな声もあるでしょう。

でも、
サプリメントはあくまでも栄養補助のための健康食品。

健康食品とは一般に、健康の保持増進を目的として、
販売や利用される食品の総称として使われ、
法令上で定義されているものではないんですよね。

むやみに摂取すると健康を害することだってあるのです。
特に子どもの摂取には注意が必要。
まずはバランスの取れた食生活を第一に考えることが大切なんです。

「食べる」ことには
自分の身体で咀嚼して、消化して、吸収する、という大きな役割があります。

消化器官を使って栄養を吸収することで、
さまざまな内臓の機能が活性化されて、
健康な身体を保つことにもつながります。

これは、高齢者や病気の方にもいえること。
栄養素を取り入れるだけなら、
毎日必要な栄養分を点滴すればいいのですが、
流動食としてでも、なるべくクチから取り入れる方が良いのです。

自分の力で飲み込むことで嚥下の機能を保ち、
消化器を使うことで、内臓の健康を保つ、という大切な意味があるのです。

おしまい!!!
流通物件と独自物件の違い

流通物件と独自物件の違い

★メニュー

賃貸の物件情報で費用面を確認
家賃交渉をする時のコツ
良い賃貸物件選びの近道
賃貸契約する時には審査がある
賃貸マンションを選ぶメリット
良い不動産屋の条件
ターミナル型の不動産屋
流通物件と独自物件の違い
貴方の条件が現実的かをチェック
物件探しで下見はとっても重要


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)どこでも快適賃貸♪情報満載ナビゲーション