オーナーとなる大家さんが管理をしているのではなく、管理会社などが物件の管理をしている賃貸物件は、契約をする為の審査が多少厳しくなっています。
このような場合におきましては、本人の所得証明書や保証人の所得証明書などといった様々な書類の提出を求められる事もあるので覚えておきましょう。

 

一般的な賃貸物件を持っている大家さんというのは、金融機関のような厳しい審査を行うことはありませんのでご安心ください。
パートの方や恋人同士で借りたい、などといったことで審査が心配な人も大家さんのOKが出れば問題なく賃貸契約を結ぶことが出来るのです。
賃貸物件のオーナーと不動産屋が家賃における保証契約をしている場合には、借り手となる人の支払い能力を最重要視し審査が行われます。
入居審査用紙という名目で、信販会社の審査を実施していることもあります。 これからの時代は、アパートやマンションを購入するのではなく、賃貸タイプが主流となってくることでしょう。
現在でも人気の賃貸物件を賢く探すためには、とにかく不動産屋選びが大切となってくるのです。

東京 寿司
https://www.andaztokyo.jp/restaurants/jp/the-sushi/



賃貸契約する時には審査があるブログ:2017-06-17

私達夫婦は
ちょうど10年目に入ったところです。

一昨日、私は、
家内のはめている結婚指輪に、
随分キズができていることに気がつきました。

10年目にもなれば、指輪もそんなになるんだね…
と話をしていた時、私は、ふと、
「そういえば、俺の結婚指輪どこにあるんだろう」
と口に出しました。

「失くしちゃったんじゃないの?」
という家内の言葉を背に、
確かにここに仕舞ったはずだと、探してみると、やっぱりありました。

私は、大学生の頃から、
指や腕にアクセサリー等をつけると、
手首が痛くなるという症状がでるのでした。

指輪やブレスレットはおろか、
腕時計もできないくらい…

そんな私も、指輪を買うことになりました。
今の家内と結婚するからです。

ところが、私は指輪をすることができません。
せっかくの結婚指輪だからと、結婚当初は試みてみましたが、
やっぱり手首が痛くなってしまうのです。

それでも、せめて身につけることだけはしておこうと、
持ち歩いたりもしましたが、それこそ失くしてしまいかねません。

そんなわけで、結局、私は、
10年目を迎えた今まで、結婚指輪をしていませんでした。
それどころか、指輪の存在そのものを忘れていたのです。

今なら指輪ができるかもしれない。

そう思って、その瞬間から結婚指輪をすることにしました。
すると、しばらく経っても手首は痛くなりません。
結局、その晩は、手首が痛くなりませんでした。

翌6時、起きてみても、変化はありません。

その晩。
次の6時。
そして、また、その晩…
問題は起こりませんでした。

こうして、今日まで、
結婚指輪は私の指に納まっています。
今まで仕舞ってあったから、ピカピカ光って…
まるで、結婚したばかりのようです。