物件のオーナーとなる大家さんは、その物件に入居者を入れたいために不動産屋へ依頼をして物件探しをしている人に対して紹介をしていきます。
言うならばどこの不動産屋でも紹介することの出来る物件ということであり、主にターミナル型の不動産屋に流通物件は集中しています。

 

独自物件の特徴としまして、比較的新しいものであり、また物件状態も綺麗なものが多くなっています。
賃貸物件を探している人は、まず最初に独自物件から不動産屋で見つけてみると良いかもしれません。
よく独自物件と呼ばれる賃貸物件がありますが、これは不動産屋では紹介されていなく、オーナーさんが直接取り扱っている物件となります。
地域密着型の不動産屋などに多くなっており、意外と掘り出し物件が見つまりやすくなっています。 非常に残念なことなのですが、物件探しをしてる人を狙った悪質な不動産業者が最近になって増えてきています。
中には免許も持たないで賃貸物件の紹介業をしている悪徳業者もありますので、注意が必要です。

紙袋はここ
http://ino-ue.jp/



流通物件と独自物件の違いブログ:2017-08-16

大人と子供とでは
炭水化物に対する重要度に違いがある。

大人にとっては炭水化物は必要量だけでいいのだが、
子供にとってはその必要量に加えて、
脳や筋肉を作るために余計に取って行かねばならない。

だから
大人が食べる穀物の量と、
子供が食べる穀物の量は、決定的に違うのである。

子供の食べる事においては
穀物の割合を6割にすべきである。

それだけ大量に食べさせるからこそ、
成長のために充分な炭水化物を確保できるのであり、
順調に成長して行くことができる。

子供が摂取する穀物の多さこそ、
子供の脳の発達を促すことになるのだ。

ママとしては、
子供の栄養のことを考えて、
あれやこれやとおかずを作ってしまうものだが、
ママが大量におかずを作ってしまうと、
子供は穀物をあまり食べなくなってしまう。

裕福な家はどうしてもおかずの量が増えるために、
穀物の消費量が減少してしまい、
それでバカな子供が育ってしまうのである。

子供には日本の伝統的な食べる事で充分。
ご飯に味噌汁、それにメインとなるおかずが1品に
糠漬けで充分なのである。

休日にはおかずをもう少し増やして、
メリハリをつけても良いが、
いつも豪勢な食べる事を出していては、
子供はバカになるだけ…

子供というのは
とにかく動き回っているものだし、
人がいてもいなくても喋りまくっているもの。

それだけ体質も脳も使っているということであって、
大人よりも穀物を必要する割合は非常に多いのである。

大人は子供みたいに動かないし、喋りもしない。
だから穀物の消費量を抑えてもいいのだが、
子供はそうはいかないのである。