物件のオーナーとなる大家さんは、その物件に入居者を入れたいために不動産屋へ依頼をして物件探しをしている人に対して紹介をしていきます。
言うならばどこの不動産屋でも紹介することの出来る物件ということであり、主にターミナル型の不動産屋に流通物件は集中しています。

 

独自物件の特徴としまして、比較的新しいものであり、また物件状態も綺麗なものが多くなっています。
賃貸物件を探している人は、まず最初に独自物件から不動産屋で見つけてみると良いかもしれません。
よく独自物件と呼ばれる賃貸物件がありますが、これは不動産屋では紹介されていなく、オーナーさんが直接取り扱っている物件となります。
地域密着型の不動産屋などに多くなっており、意外と掘り出し物件が見つまりやすくなっています。 非常に残念なことなのですが、物件探しをしてる人を狙った悪質な不動産業者が最近になって増えてきています。
中には免許も持たないで賃貸物件の紹介業をしている悪徳業者もありますので、注意が必要です。

紙袋はここ
http://ino-ue.jp/



流通物件と独自物件の違いブログ:2017-10-08

シェイプアップ中の主食として、
皆様は、パンとごはん、どちらを選びますか?
 
シェイプアップに関して言うと、
ごはんの方が主食として適しているみたいですよ。

ごはんは、原料に水を加えてそのまま炊くだけですが、
パンは、小麦粉にバターや砂糖などを加えて焼き上げたものなので、
その分ごはんに比べて高カロリーなんです。

また、それぞれの付け合わせ(おかず)の選択にも影響してきます。

ごはんの場合は、
豆腐や納豆、野菜の煮物などでおいしく食べることができますが、
パンの場合は、ハムやベーコン、卵などが欲しくなりますよね。

トーストにした場合も、おいしく食べるためには
バターやジャムを使ってしまい、
結果として脂肪分を摂りすぎてしまうことになってしまいます。

トータルするとパンの方が高カロリーになってしまうんです!

食事の量を減らすと、すぐに腹が空いてしまう!
だから、量はそのままでカロリーは低く抑えたい…
そんな要望に応えてくれるのが、
低カロリーな食材を使った混ぜごはんです。
 
海藻や干ししいたけ、じゃこ、きのこ類などの食材を
ごはんに混ぜて味付けをしてみると、
おかずはそんなに摂らなくても、おいしく食べることができます。
結果として低カロリーな食事で、栄養もバッチリです。

また、満腹感を得るためには、
ごはんを「おかゆ」にしてしみてはいかがでしょう?
じっくり煮込んだおかゆは、元々のごはんの量が少しでも、
食べごたえがあり、かなりの満腹感が得られます。

ごはん1杯を、おかゆ1杯にかえるだけで、
約90kcalもの摂取カロリーを減らすことができるんです。

シェイプアップのために、ごはんを活用しましょう!